映画 ベン・ハーをみて  

 

先々週の土曜日から日曜日にかけてBSテレビで久しぶりに映画のベン・ハーを鑑賞した。ユダヤ人貴族の息子ベン・ハーが幼馴染の友人メッサーラに濡れ衣をきせられ罪人としてガレー船のこぎ手(船が沈没すれば捨てられる奴隷)とされたベン・ハーは、海戦においてローマ軍の司令官アリウスの命を救うという大殊勲をあげ、奴隷の身分を解かれ司令官の養子となる。のちにベン・ハーは戦車競走の新鋭としても注目されるようになり、やがてエルサレムでの戦車競走で宿敵のメッサーラに挑むことになるベン・ハーは激闘の末、メッサーラを倒し、牢獄に囚われていた母と妹を救い出す、というのがあらすじである。

 後半の迫力ある戦車競争も圧巻で見ものであるが、ベン・ハーが漕ぎ手をしていたガレー船での海戦場面で考えさせられるシーンがあった。

 それは、敵艦隊と交戦するときガレー船の漕ぎ手である奴隷が逃げ出させないように足を鎖でつないだのである。鎖で船につながれた奴隷は命令通り力の限り漕ぐしか助かる道はない。

 当然、船が沈没すれば奴隷は船と共に海中に沈むしかない。残酷な話ではあるが当時としては、海戦に勝つため当たり前に行われていたことなのであろう。

 それにつけても隣国の指導者が指示したとされる今回の暗殺事件、事実ならば異母兄である肉親を非情にも「除去」するとは、なんとおぞましいことか。

正に狂気の沙汰。かの国に未来はない。

 

イソップ物語の「北風と太陽」

 人に行動してもらうためには、北風のように無理やり手っ取り早く、強引に押し付けてもダメ。

太陽のように、優しく相手の気持ちを考えれば、無理することもなく、自分自身で動いてくれる。

                          探偵モスラ

調査相談|セカンド・オピニオンサービス(無料)

調査相談|愛晃リサーチ セカンド・オピニオンサービス(無料)を始めました。

セカンド・オピニオンとは医療業界で使用されている言葉です。直訳すれば、第二の意見ということです。具体的には、診断や治療方法について主治医以外の医師の意見をいいます。

手術が必要と診断された時など重大な決断をしなければならないときに他の専門医に相談したいと思うのは至極当然のことです。

 

当社のセカンド・オピニオンサービスは

相談に行った探偵社や調査を既に依頼している探偵社の調査料金や調査方針に疑問などを持ってしまったら、セカンド・オピニオンとして愛晃リサーチをご利用ください。

愛晃リサーチ調査相談室  0120-54-5432 

調査料金|有能な人材が効率の良い調査を実現

調査料金|調査の単価ではなくトータル的に考える。

愛晃リサーチでは調査スキル向上のためスタッフ同士でのミーティングやディスカッションを重視しております。なぜなら、先輩や上司との調査現場での行動や考え方などの意見交換をすることにより調査スタッフの技量向上に繋がると考えているからです。それと、実績というのはその業界に何年いたかではなく、どれだけの案件に携わったかだと考えているからです。

調査スタッフの知識向上を目指し弁護士先生との打合せなどを現場へフィードバックもしています。

技術・実績・知識があれば、効率の良い調査が可能になります。

「有効な証拠」取得に無駄を軽減し短期間で収集可能になります。

だから、有能な人材こそが調査費用を軽減することが出来る。

人材育成こそが調査依頼される方々のためになると

愛晃リサーチは考えています。

※実際、調べなくても良い事項を調査されたり、回りくどい調査をされて高額な調査費用を請求されたというケースはかなり多いクレームの一つです。

浮気調査|責任問題

埼玉県さいたま市にお住いの42歳女性からの依頼

 

最初にこの方から依頼を受けたのは3年前でした。

また最近、夫が怪しい行動を取り始めたので調査して欲しいということでした。

 

調査結果は前回と同様にクロ。(別の女性と)

前回も今回も勤務先の部下と浮気。

 

以前も離婚を考えての浮気調査だと思っていたので、3年前は離婚話にはならなかったのかと尋ねました。

 

【ご主人の言い訳】

・何度も断ったが女が執拗に迫ってきた。

・何か弱みを握られ付き合わざるを得なかった。

・いろいろと妄想する女性なので怖い。

などと泣きながら依頼者である奥さんに訴えてきたそうです。

浮気相手の女性を悪人(妄想女性)に仕立て上げ、自分は被害者であると主張。

人が良いのか…?   その話を鵜呑みにして浮気相手へだけ慰謝料を請求。

浮気相手の両親も話に参加したそうだが、相手側が100万円の慰謝料の支払いと会社を辞めることを条件に和解成立。離婚はしなかったそうです。

 

私共から言わせてもらえば、「子供の言い訳」です。

 

浮気・不倫は1人でできる行為ではありません。

不倫は共同不法行為なのです。

 

浮気をした時点でどうかと思いますが、バレてしまった後の対応も様々で考えさせられる出来事でした。

罪を犯したのであれば、罰を受けるのは当然のことです。

正直、今までいろいろな調査現場を経験してきましたが、ベスト10に入る最低男でした。

今回は流石に罰を受けることになりそうです。

 

守 破 離 (しゅはり)とは

先日、上場企業の人事担当者に調査報告書を届けに行った。調査結果に自信は持っていたが、不安な気持ちが少なからずあった。なぜならばライバル企業と競っていたからである。担当者に調査報告書を差し出すと丹念にページをめくり読んでいる。調査結果に納得しているのか、次第にうなずく回数が多くなってきたので安堵の気持ちが湧いてきた。

 読み終わった担当者は「難しい調査なのによくここまで調査できましね」と、笑顔で問いかけてきた。まさに探偵冥利につきる言葉である。

そして、社員一人ひとりの顔が脳裏に浮かんできたのは当然である。感謝!

調査員として調査技術は当然優れていなければならないが、同時に調査報告書を作成する文章能力も高くなければならない。

 つまり、いくら良い材料(調査の内容)があっても調理(文章能力)が劣っていてはお客様が満足する料理(完全な調査報告書)は提供できない。

 

「守破離(しゅはり)」という言葉がある。

(茶道、江戸千家の川上不白が唱えたとされるが諸説あり)

守 ― 最初の段階では、指導者の教えを守る。

    できるだけ多く話を聞き、指導者の行動を見習って指導者の価値観を自分              のものにしていく。すべてを修得できたと感じるまでは、指導者の指導の                 通りの行動をする。

破 - 次の段階で指導者の話を守るだけではなく、破る行為をしてみる。  

    自分独自に工夫して、指導者の話しになかった方法を試してみる。

 

離 - 最後の段階では、指導者のもとから離れて、自分自身で学んだ内容を

    更に発展させる。

 

    分かりやすく言うと、まず真似をして、次にオリジナルを混ぜてみて、

    最後に新しいものをつくっていくと言うこと。

    守破離の教えは、あらゆる芸事、スポーツに通じる。

    仕事は修行だ。

    より一層の精進を期待するところである。

                              探偵モスラ

問題解決のために|アドラー心理学に興味。

「嫌われる勇気」というテレビドラマで精神科医 アルフレッド・アドラーという人物を知り、日本アドラー心理学会のホームページを閲覧しました。

*************************************

治療技法としては、

・現実的に達成可能な治療目標の一致をとること(目標の一致)

・クライエントの言うことの主として目的について推量をして、それをクライエントに確認をとること(解釈と推量)

・クライエント自身が自分の責任で解決しなければならない課題と、クライエントには責任がなく介入する権利がない課題とを区別すること(課題の分離)

・目標達成のためのさまざまなアイディアを提供すること(代替案の提示)

などがあります。

(日本アドラー心理学会 HPから引用)

*************************************

総合調査会社のアドバイザーとしてサポートできることは

・現実的に達成可能な調査目標の一致をとること提案(目標の一致)

・ご依頼者の言うことの主として目的について推量をして、それをご依頼者に確認をとること(解釈と推量)

・ご依頼者が自分の責任で解決しなければならない課題と、ご依頼者には責任がなく介入する権利がない課題とを区別すること(課題の分離)

・目標達成のための長年の経験より様々なアイディアを提供すること(代替案の提示)

ということになるだろうか。

日本アドラー心理学会はドラマ「嫌われる勇気」に対し、アドラー心理学の一般的な理解とは大きく異なる見解を広めていると指摘し、放送の中止、もしくは脚本の大幅な見直しを求めている。

そうですが、

私自身はこのドラマでアドラー心理学を知り、興味を持ち、関係書籍などを読んでみたいと思いました。

アドラー心理学の一般的な理解とは大きく異なってしまうかも知れませんが…。

 

浮気調査|婚約者が浮気

婚約者が浮気

浮気は様々なきっかけから始まります。もちろん、浮気願望があっての行動もありますが、全くその気もなかったのにそういう状態になってしまうケースや精神状態でそちらの方向へ行ってしまうというケースもあります。

例えば、仕事関係などで悩んでいたり、落ち込んでいたりしているときに陥ってしまうこともあります。

結婚直前、よくマリッジブルーといいますが、やはり男性にとっても女性にとっても結婚とは人生最大の決断になります。「この人とずっとやっていけるだろうか?」「今の時期で良いのか?」と不安に思うのは当然のことだと思います。

そんな時期にケンカしたり、意見が違ったりして不安感が大きくなっているときに、誘惑に乗ってしまい、ほんの出来心から、浮気問題へと発展してしまうケースがあります。

結婚前は皆が不安に思うものです。こんな時期は相手の行動に気をつけましょう。中には確信犯的に最後の遊びと積極的に他の異性と関係を持ってしまう人もいます。

結婚してから何年も浮気行動が続いていたというケースも多くあります。

問題が大きくなる前に早めの相談をお薦め致します。

愛晃リサーチ 0120-54-5432

チームを日本一に導いたもの

昨年、激闘の末に日本シリーズ広島東洋カープを破り10年ぶりの日本一に輝いた北海道日本ハムファイターズの栗山英樹監督の対談記事を読んだ。

対談のなかで栗山監督は、試合に負けたときに「まぁ、仕方ないな。また明日がある、なんて思う自分は絶対に嫌で、負けて仕方がないなんて思うんだとしたら、それは必死にやっていないからだと思うんですよ」と語っている。

さらに「負けて悔しがったり怒るようなことがなくなったら、なんだか悲しいじゃないですか」とも言っている。

探偵の仕事も一瞬一瞬が真剣勝負である。今日この時に結果を出さないとダメなんだ。この次はないんだという必死な気持ちでやっているかである。

張り込み、尾行をするときにお客様から指示された時間、現場に張り付いていればいいのだなんて安易な気持ちではお客様が望む調査結果は絶対に得られないのである。

時間が経過するにつれて周囲の状況は刻々と変わっていく。張り込む場所はこのままこの場所でいいのか? 出入り口は他にないか? 対象者宅に変化はないか? 等々 考え推理することはいっぱいある。ただ漫然と張り込みをしていてはプロとは言えない。

営業社員がお客様から言われて一番悔しい言葉、それは「こんな簡単なミスをして、あなた達、プロでしょ! プロだと思ったからお金を出して頼んだのよ、今日が一番のチャンスだったのに・・・」です。

すべては、アイコウに頼んでよかった、の為に!

肝に銘じようではないか。 ご同輩!

探偵モスラ

浮気調査|妊娠中の浮気

妊娠中に浮気された(神奈川県川崎市にお住いの31歳女性)

浮気調査に至る経緯

結婚してまもなく妊娠しました。妊娠8ヶ月目位に入った頃、主人の帰りが遅くなってきだし、数週間後には休日出勤、出張と家にいないことが多くなってきました。しかも、仕事が忙しくなってきたから、妊娠のこともあるし、実家に帰った方が良いと言ってきました。私自身もその方が気が楽だろうと実家に帰ることにしました。出産し1ヶ月は実家で楽をさせてもらいましたが、約3ヶ月間にたった1度しか実家の方へ顔を出してくれませんでした。子供と自宅へ帰ってからも主人のよそよそしい態度が気になり、ラインやメールをチェックしました。女性からのラインを発見してしまい調査することを考え始めました。

探偵社の選択

インターネットで探偵社を検索しましたが、数が多過ぎて何処へ依頼したら良いのかわかりませんでした。試しに1件に電話をしたところ、女性の方が出て会わないと詳しい話は出来ないですよね。と言われ、次の日にファミレスで会うことになりました。実際に待ち合わせ場所へ来たのは中年の男性でした。話し始めると、慰謝料とか、離婚とか、相手の女性も訴えた方が良いなど、どんどん話を進められ、1週間で200万円と言われました。あまりの高額と威圧感で怖かったのでその日は断って帰りました。その後、知人の弁護士に相談したところ、弁護士協同組合特約店の探偵社があると聞き愛晃リサーチを紹介してもらい、その知人の法律事務所まで来てもらい調査相談をしました。話の内容と料金見積もりに納得して調査依頼することにしました。

浮気調査の結果

浮気調査は3日間で終わり、報告書を受け取りました。残念なことに女性とホテルに出入りしている写真がありました。浮気調査が終わってからも、愛晃リサーチの方に相談にのっていただき、私の「別れたくない」という意見も聞いてもらい、アドバイスしてもらいました。アドバイス通り動いた結果、主人は浮気のことを謝ってきてやり直したいと言ってくれました。もう浮気はしないと言っています。もし、浮気するようなことがあったら、また、愛晃リサーチへお願いしようと思います。因みに、調査費用は3日間の調査で45万円でした。

※調査の状況によって調査費用は変わります。担当者へお尋ね下さい。

相談室は千葉中央区と東京都港区にご用意しておりますが、紹介弁護士先生の事務所へ行くことも可能です。その方が安心して相談出来るかもしれません。

『自問自答』のススメ

 

たまには探偵のブログでも読んでやろうかという

先入観なき広い視野を持つ皆さま、こんにちは。

視野偏狭な性格に難が認められる『まめしば探偵』です。

( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

 

人間は同じ時間軸で生きているにも拘わらず、周りから信頼され評価の高い人間と

信頼を勝ち取る事が出来ず、評価の低い人間にわかれてしまいます。

同じ時間、同じような仕事に取り組んでいるのに、何故このような差が生まれるのか?

(。-`ω-)ンー

 

生れ持っての才能や、強運の持ち主なんて答えじゃ救いがないですよね。

僕の拙い人生経験から導き出した『正しい信頼の勝ち取り方』は、

『毎日毎日、誠意のある対応を心がけ、その姿を見せ続ける』です。

悲しいかな、これ以外にはあり得ません。

 

 

この『誠意ある対応』を継続するために、信頼を勝ち取る事が出来る人がやっている習慣こそが、『自問自答』なのだと考えます。

 

『自問自答』と聞くと、何か失敗事や反省ばかりしているイメージを持たれる方もいるでしょうが、間違いではないけどちょっとニュアンスが違います。

反省が必要な時に『自問自答』するのはよくある事ですが、往々にして『自分を責めるだけ』の思考に陥ってしまい、ただただブルーになるだけです。

ε-(‐ω‐;)ハァ・・

 

そうではなく、日々の生活で起こる出来事に対して、自分自身はどう感じているか、どう反応して立ち回るべきかといった感覚(センス)を磨いていくことが大切です。

 

自分という人間のあり方に対して問うている訳ですから、自分自身の美学や信念に沿った『自答』を導く事になるハズです。

この習慣は、結果的に自らを律する生き方を選択すると同時に、今までならなんとなく見過ごしていた問題点に気づきやすくなるのではないかと思います。

 

 

急遽、現場に行かなくちゃなんでこのへんで。。。

 

角印 悪顔Vr.