素行調査|探偵にとっての技術-面取り

探偵-面取り

探偵業においての「面取り」とは-面を取る(調査対象者の顔を確認し特定すること)

依頼者様より預かった写真などから実際の調査現場で調査対象者を確認する技術のこと。

 

調査案件の中には十数年前の写真、プリクラ写真などをもとに対象者を確認することがよくあります。(案件によっては勤務先など不特定多数の人物が出入りする場所で確認する場合もあります)

写真の中には笑っているものや決め顔しているもの、化粧をしているもの逆にスッピンのもの、痩せている時のもの、太っていた時のもの様々です。

しかも、写真写りが良い人、悪い人もいますから…。

 

面取りは探偵にとって重要、且つ必要不可欠な技術なのです。

 

逆に面取り出来ない人は探偵に向いていないということになります。