素行調査|独身と嘘をつかれて3年間も騙されていた。

東京都杉並区にお住いのAさん(29歳女性)

彼とは3年前からお付き合いしていました。私は真剣に結婚を考えていました。彼もそのようでした。ちょっと不安だったことは彼の家へ行ったことがなかったことと平日はほとんど私の家に帰ってくるのに、土日は出張や会社へ泊まるなどの理由で会えなかったことでした。ある日、悪気はなく、彼のスマホを見てしまいました。そこには子供の写真がありました。その時、不安だったことが急に結びつき、この人には家庭があるのではという疑いが芽生え調査することにしました。

 

素行調査の結果

Aさん宅に来ないと言った日の素行調査を実行しました。調査対象者が帰宅した家は一軒家で妻子と生活していました。土日は家族と過ごしていました。対象者は家族も騙して、平日はAさんのところ、週末は本当の家族というように二重生活をしていました。

 

調査担当者から

Aさんがこの調査結果を見たとき、かなり落ち込んでいました。

実際、このような調査依頼はよくあります。

もし、奥さんに先に嘘がバレていたらAさんは浮気相手扱いされていたかもしれません。

  • 土日しか会おうとしない、平日しか会おうとしない。
  • 親に会いたがらない、親に会わそうとしない。
  • 自分の家に寄りつかせない。
  • 夜は電話やラインをしても連絡がつかない。

など

不審な行動を感じたときは素行調査をおすすめします。人生の大切な時間を無駄に過ごさないようにしてください。

妻子がいるにも関わらず、両親へ「結婚前提でお付き合いさせてください」と挨拶していたケースや調査してみたら、氏名や勤務先などすべてが嘘だったケースなども実際にありました。

素行調査|探偵にとっての技術-面取り

探偵-面取り

探偵業においての「面取り」とは-面を取る(調査対象者の顔を確認し特定すること)

依頼者様より預かった写真などから実際の調査現場で調査対象者を確認する技術のこと。

 

調査案件の中には十数年前の写真、プリクラ写真などをもとに対象者を確認することがよくあります。(案件によっては勤務先など不特定多数の人物が出入りする場所で確認する場合もあります)

写真の中には笑っているものや決め顔しているもの、化粧をしているもの逆にスッピンのもの、痩せている時のもの、太っていた時のもの様々です。

しかも、写真写りが良い人、悪い人もいますから…。

 

面取りは探偵にとって重要、且つ必要不可欠な技術なのです。

 

逆に面取り出来ない人は探偵に向いていないということになります。